ニホントビナナフシ

「ななふっしー」の誕生

「ふなっしー」というマスコットキャラクターが人気らしい。梨の妖精で、船橋市のご当地キャラ(非公認)とのことだ。YouTubeで見てみると、確かに面白いキャラクターだ。ゆるい外見に似合わぬ激しい動きが特徴で、突然みせるジャンプの高さに驚かせられる。…

ナナフシを描いてみよう

先日、本屋で「生き物の描き方]という本をみつけ、読んでみたらナナフシを描きたくなってしまった。 描いたのはニホントビナナフシ。リアルのナナフシを見ながら描いたのだが、細かいところが良く見えないので正確な描写はかなり難しい。結構面白かったので…

秋のニホントビナナフシ採集 

一週間ばかり風邪をひいていたのだが、ようやく体調が回復したので、ナナフシ採集に行くことにした。採集地は福井県勝山市。山はまだ紅葉に染まってはいないものの、木々の葉は濃く暗い色調に変化していて、秋が深まりつつあるのを感じる。 ミズナラの葉上に…

ニホントビナナフシが産卵開始

トビナナフシの飼育ケースの掃除をしたところ、黄土色のヤスマツトビの卵に混じって、黒っぽい卵が数個みつかった。同じケースで飼っているニホントビがそろそろ産卵を始めてもよい頃だ。黒い卵はニホントビの卵だろうか?卵は1.5mmくらいと小さく、目を…

ニホントビナナフシが成虫に

先日採集したニホントビが成虫になっていた。翅が長くなり、体側部に黄色い線がくっきりと現れた。 トビナナフシは落ち着きなく動き回るので、とても写真が撮りにくい。やっと撮れたのが下の写真。 たぶん、1週間程度で産卵を始めてくれるだろう。

体に特徴がないヤスマツトビナナフシ

昨日の採集でヤスマツトビナナフシを何匹か見つけたので、同定のポイントをまとめておこう。日本に生息するトビナナフシは、ニホン・シラキ・ヤスマツの3種だが、体に特徴が一番ないのがヤスマツトビナナフシだ。(1)頭・胸部に特徴的な線がない ニホントビ…

早起きしてナナフシ採集リベンジ

夏季休暇で今日もまた早起き。昨日は残念ながらナナフシを採集することはできなかった。今日は、さらに遠くまでトビナナフシ採集に行ってみることにした。 朝4時30分に起床し、自動車で1時間かけて福井県大野市の山道に到着。出発時は空はまだ暗く月が輝いて…