ヤスマツトビナナフシ

ナナフシ飼育ケースのお掃除

ナナフシの飼育ケースのお掃除をしました。 ヤスマツトビナナフシ トゲナナフシ 掃除のたびに卵を少しずつ保存しています。 ついつい沢山残してしまうのですが、 継代には十分な数が集まったので そろそろ卵の採集は終了しようと思います。 今期の卵は、冷蔵…

やす松さんの産卵

飼育中のヤスマツトビナナフシが成虫になったことを書きました。 野外採取の初代から数えて、3代目のやす松さんです。 それから、およそ10日が経過。 とうとう、今朝発見しました・・・ やす松さんの卵です!! 一匹だけの飼育だったのでプレッシャーがあり…

やす松さんが成虫になったようです

ヤスマツトビナナフシの飼育ケースを覗いてみると シルエットが昨日とは変わっていました。 長い羽が生え、成虫となったようです。 あと10日もすれば産卵をしてくれるでしょう。 やす松さんの継代飼育は、もう少し続けてみたいので 大切に育てたいと思います…

やす松さん、たぶん終齢

飼育中のヤスマツトビナナフシが成長し 終齢幼虫になったようです。 体はほぼ成虫と同じ大きさになりましたが、 まだ長い羽は生えていません。 2匹で飼育開始したうちの1匹を 脱皮不全で失ってしまい 現在はたった1匹だけなので 慎重に飼育を続けます。 …

その後の、やす松さん

先日、エサを水挿しのクヌギに替えましたが 食痕があるのでちゃんと食べてくれているようです。

反省至極、安松脱皮不全

現在飼育中のヤスマツトビナナフシは1匹だけなのですが、 もともとは2匹で飼育をスタートさせたのでした。 2匹のうちの1匹をワタシのミスで失ってしまった 痛恨の経過を反省を込めて書きます。 5月5日頃の出来事です。 ヤスマツさんの飼育ケースを覗くと ケ…

ヤスマツトビナナフシのエサ替え

飼育中のヤスマツトビナナフシ幼虫。 クヌギのドングリを発芽させて飼育していましたが、 食べる量が増えてきたので葉がボロボロになってきました。 そろそろ水挿しのクヌギに替えたほうがよさそうです。 以下はワタシが行っているセッティングです。 一匹だ…

ヤスマツトビナナフシの飼育2017を開始

今は亡き、ヤスマツさん(2016) 7月に産卵された卵が3月下旬に孵化しました。 昨年に引き続き育ててみることにします。 なお、卵の保存場所は玄関の下駄箱でした。 昨年9月に植えておいたクヌギのドングリが芽吹いているので これを飼育ケースに入れてエサ…

ヤスマツSANRAN −遠い目の回顧録−

(前回からのつづき) ヤスマツトビナナフシの継代飼育ができました。 飼育中に気付いたことを書き留めておきます。 飼育の最大の難関は 初齢幼虫の期間を乗り越えることでした。 初齢幼虫は非常に小さいので 硬い葉を食べることができません。 ヤスマツ初齢…

ヤスマツさんのSANRAN

卵から飼育したヤスマツトビナナフシ。 3齢幼虫くらいまでは小さいですが、 その後はすくすく大きくなりました。 卵から約2か月で成虫になっています。 成虫になって1週間程度で産卵も開始。 2匹の成虫がどんどん卵を産んでいます。 米粒>タマゴ ヤスマツさ…

5+1匹のナナフシ

昨日の福井は最高気温36℃。湿度75%。 蒸し暑い午後、近くの山に散策に行ってきました。 ヤモ餌として使えそうな蛾の探索だったのですが 意外な昆虫に出会えました。 路傍の苔むしたコンクリート塀にナナフシ発見。 一見、どこにいるか分からないでしょ? 実…

ヤスマツトビナナフシの飼育ケース替え

ヤスマツトビナナフシが大きくなってきたので、 飼育ケース替えをしました。 旧ケースでは、鉢植えのクヌギを 飼育ケースに入れていました。 旧ケース 新ケースでは、クリ、コナラ、シラカシの葉を オアシスに挿してエサにしています。 新ケース ヤスマツさ…

ヤスマツ2齢に

ヤスマツトビナナフシの初齢幼虫が 硬い葉を食べることができないので 飼育に苦労しています。 隔日で、柔らかいクリの若葉を補っていますが、 小さい幼虫がダメになってしまうのではないかと 心配が絶えません。 初齢 ところが今日、飼育ケースを覗いてみる…

若葉を食べるトビナナ幼虫

ヤスマツトビナナフシの初齢幼虫。 オアシスに挿したクリの若葉を食べてくれているようです。

ヤスマツプロジェクト 2015: トビナナフシ初齢幼虫をどう育てるか

これまでトビナナフシを卵から成虫まで育てたことはありません。 卵から幼虫は孵ってくるのですが、初期の幼虫を育てきれなかったのです。 ヤスマツトビナナフシ 2015 その卵 失敗の理由として、まずトビナナフシ幼虫がとてもよく動き回こと。 気を付けてケ…

トビナナフシ幼虫うまれました。

朝起きてみたら、トビナナフシの幼虫が孵化していました。 冷蔵庫の野菜室で保存してあった卵を ゴールデンウィークの少し前から室内に出しておいたものです。 小さくてかわいいですね。

トビナナの正体 Micadina yasumatsui

昨日の夜、トビナナフシの飼育ケースを覗いてみたら、 たまごが一個だけ産み落とされていました。 たまごを取り出して デジカメで撮影して拡大してみると・・・ ゴツゴツとした荒い網目模様が見えます。 ヤスマツトビナナフシのたまごですね。 これで、トビ…

モドキじゃないのよ トビナナは

5月に採集したナナフシ幼虫、 ナナフシモドキと思い込んでいたんですけど、 飼っているうちになにかオカシイと 思ったんですよね。 5月6日 幼虫 よく見てみると、触角も長いし モドキであるはずがない。 どうもこれはトビナナフシじゃないかと思いながら 飼…

ナナフシモドキの幼虫採集2015

5月6日にモドキ幼虫の採集に行った時の報告です。 場所は福井市内の実家近くの林。 ナナフシは、薄暗い林の奥ではなくて、比較的明るい林縁に居ることが多いです。 採集方法は、100円ショップのビニール傘2本を使っての、ビーティング。 クヌギのひこばえを…

トビナナフシ幼虫の飼育はむずかしい(その3)

トビナナフシベビー(初齢幼虫)の飼育で気付いたことを記録しておきます。 トビナナ初齢が上へ上へと移動する習性があることは先日書きました。 おそらく、クモなどの外敵に合わないうちに、地表から樹を登り新葉へと素早く移動するためでしょう。 この習性…

トビナナフシベビーの飼育はむずかしい(その2)

トビナナフシベビー(初齢幼虫)は、とても小さくて弱々しいのに、 ものすごく速いスピードで動きます。 ヤスマツトビナナフシ初齢 トゲナナフシやコブナナフシの初齢幼虫は、指でつまむことが可能なくらい 丈夫な体をしていますが、トビナナフシでそんなこ…

トビナナフシベビーの飼育はむずかしい(その1)

ヤスマツトビナナフシ幼虫の飼育ケースです。 底深の保存容器を逆さまにして使っています。 エサはオアシスに挿したコナラ、クヌギ、クリの葉。 ヤスマツベビーが葉っぱを食べています。 トビナナフシの初齢幼虫の体は半透明なので 食べた葉っぱが透けて見え…

トビナナフシが次々に孵化

トビナナフシの卵ボックスをみてみたら 幼虫がたくさん孵っていました。 孵化したのはシラキ、ニホン、ヤスマツの3種です。 写真は、ニホンとヤスマツの卵ボックスです。 冬はベランダで冷たい外気にさらし、2週間前に室内に移しました。 写真左は、孵化し…

ナナフシの卵を顕微鏡で覗いてみた

採集したエダナナフシとヤスマツトビナナフシが産卵を開始した。ナナフシの卵はとても小さいし、悲しいことに最近のワタシは年齢のせいで近くが見えにくくなっているので、顕微鏡で観察してみることにした。 使ったのはドゥ・ネイチャー顕微鏡という安価な携…

体に特徴がないヤスマツトビナナフシ

昨日の採集でヤスマツトビナナフシを何匹か見つけたので、同定のポイントをまとめておこう。日本に生息するトビナナフシは、ニホン・シラキ・ヤスマツの3種だが、体に特徴が一番ないのがヤスマツトビナナフシだ。(1)頭・胸部に特徴的な線がない ニホントビ…