水耕栽培

枯れゆくミニトマト

ベランダ水耕栽培のミニトマトの近況報告です。 現在までに60個くらいの果実を収穫し、まだ実がなっています。 ちょっと心配なのは、葉っぱが根元の方からどんどん枯れていることです。 枝の成長や開花も一時期よりずいぶん悪くなったような気がします。 先…

ミニトマトのちから

ミニトマトのグリーンカーテン。次々と果実が熟してきたので、収穫して食べてみることにしました。 口に入れてみると、おだやかな甘みがあってとても美味しいです。 そのまま食べてもよいですが、食事に添えるのもグッドです。 たとえば、「夏野菜入り即席ピ…

ミニトマトのグリーンカーテン

早朝マラソンを終えて自宅前まで戻ってくると、散歩中の老夫婦に「おはようございまーす」挨拶されました。 人見知りする性格のワタシは、「お、おはようございます」と返事をしながら、足早にその場を立ち去ろうとしました。 すると、その直後、背後から老…

青いミニトマトを一瞬で赤くする法 その3

水耕ミニトマトの実がなかなか赤くならないと、一人で騒いでいたのですが・・・ ここ数日でずいぶん赤く色づいてきました。 暑さも本格化し、収穫にちょうど良い時期になってきたのでしょうか。 最初に赤くなった実を一個もいで食べてみました。 ほどよい酸…

青いミニトマトを一瞬で赤くする法  その2

日本全国の水耕栽培ファンの皆様、おはようございます。 ミニトマトの実がなかなか赤くならないことに心悩ませているkimiです。 昨日は、果実形成と栄養素の関係(NPK比)について考えてみました。 インターネット情報によれば、ミニトマトの結実には積算温…

青いミニトマトを一瞬で赤くする法  その1

ベランダで水耕栽培しているミニトマトの報告です。 ミニトマトの木は、すくすくと育っています。 (紛らわしいですが、赤いのはバラの花です。) 青い実が次々と出来ていますが、ようやく1個が色づき始めました。 それにしても、赤くなるのが遅すぎるよう…

天まで届け、ミニトマト

ベランダ水耕栽培のミニトマトの成長報告(6月下旬)です。エアレーションの方法を、新しい方法に変えてからミニトマトの樹が日に日に大きくなっています。 ベランダの天井にまで達したため、樹の先端(成長点)を摘み取りました。 ミニトマトの実も次々とな…

ミニトマトが大きく成長

ベランダ水耕栽培のミニトマトの成長報告です。 エアレーションの方法を、「電池式エアポンプ法」から「サッシの隙間利用法」に変え、培養液タンクを大きくしました。 エアレーションと培養液量が多くなったためか、ぐんぐん大きくなっています。 枝が伸びて…

培養タンクが3倍大きくなりました!(当社比)

ベランダ水耕栽培のミニトマトです。エアレーションの方法を、「電池式エアポンプ法」から「サッシの隙間利用法」に変えました。後者のほうがポンプのパワーが強いので、送気量がずっと増えました。培養液を多くしても十分な酸素を送れそうなので、培養タン…

水耕栽培中のミニトマトの開花

ミニトマトの花が咲き始めました。 1ヶ月後くらいには実がなり始めると思います。 電池式エアポンプからアクアリウム用エアポンプに変更したことで送気量が増えました。 培養液のタンクをもっと大きくしょうかと思っています。

ベランダ水耕栽培における新たなエアレーション法

「ハピソン708Bの静かな死」のつづき 電池式エアポンプが動かなくなってしまったことを出勤前に発見したkimiは、限られた時間のなかで焦りながらも対処法を思案するのであった。 そうだ、以前に「ベランダ水耕栽培における電源問題」を考えたとき、サッシ窓…

ハピソン708Bの静かな死

今朝、ベランダ水耕栽培のミニトマトを確認してみると電池式エアポンプが止まっていました。 「電池が切れたかな」と、充電したてのエネループに交換しましたが動いてくれません。 どうもモーターの寿命が尽きたようです。 以前に書いたように、エアポンプ「…

電池式エアポンプを用いたミニトマトの水耕栽培 5月

この1週間でずいぶんと大きくなりました。 そろそろ支柱を立てようかと思います。 5月11日 5月18日 根もずいぶんと伸びています。 5月11日 5月18日 木が大きくなりすぎないように脇芽をつみました。 脇芽は幹と葉の間から出ます。 小さいですが、花芽ができ…

ミニトマト、根がどんどん伸びてます

電池式エアポンプを使ったミニトマトの水耕栽培。 ベランダに出して約1週間が経過しました。 室内に置いていたころより葉に勢いがあるような気がします。 培養液タンクから取り出してみると、ずいぶんと根が伸びていました。 ちなみに右の写真は8日前の根…

ゲットハッピー2014、ベランダへ

電池式エアポンプを用いた水耕栽培栽培システム、名付けて「ゲットハッピー2014」。 ミニトマトを挿し木して2週間経過し、いよいよベランダに出すときがやってきました。 室内では、通常のアクアリウム用エアポンプにつないでいました。 ベランダにコンセン…

トマトについてお勉強

電池式エアポンプを用いたミニトマトのベランダ水耕栽培。 昨年は失敗したので、今年はトマトについてもっと勉強しておきます。 昨年は、実が一房しかできませんでした。 原因のひとつは、ミニトマトを無制限に茂らせすぎたことだと思います。 電池式エアポ…

ミニトマトの水耕栽培 根がでました

今年もチャレンジすることにした、電池式エアポンプを用いたミニトマトのベランダ水耕栽培。 挿し木をして室内の窓際に置き、約10日が経過しました。 ポットを培養液タンクから取り出し確認してみると、根が1本でていました。 ちゃんと発根してくれたようで…

電池式エアポンプを用いたミニトマトの水耕栽培

昨年は見事に失敗した、ミニトマトのベランダ水耕栽培。今年もトライすることにしました。電池式エアポンプを用いたエアレーションで栽培するのが、マイ・テーマです。ベランダ水耕栽培システム「ゲットハッピー2014」の製作過程をご紹介します。 育成ポット…

水耕クサイチゴ、その後

冬のナナフシ食草の予備として、クサイチゴの水耕栽培を行っていましたが、 ベランダのクサイチゴとネット購入のレモンリーフだけで十分足りたので、 実際に使うことはなく部屋のスミに放置されていました。 家庭の事情により、エアレーションとLEDライト…

冬のナナフシ食草栽培開始 

ナナフシ食草の冬の水耕栽培をそろそろ開始することにした。100円ショップで食品用シール容器を購入し、以前作成したように室内用水耕栽培システムを作成。エアーポンプは、水心SSPP-3Sを使用した。GetLucky1.0号と命名。 今回のシステムは、5Lの容器を用い…

ミニトマトのベランダ水耕栽培

ベランダで水耕栽培しているミニトマトの実が赤く色づいてきた。収穫時期がいまひとつ分からないのだが、ためしに食べてみることにした。 ・・・うーん、かなり酸っぱい。まだ収穫には少し早かったかな。自作の水耕栽培システム「ハッピー2.0号」で育ててい…

ハッピー2.0号の培養液交換

リレーマラソンに職場のチームで参加。へとへとになって家に帰ってくると、水耕栽培器ハッピー2.0号の培養液が半分くらいになっていた。仕方がないので、疲れた体にむち打って培養液交換を行うことにした。 ハッピー2.0号での水耕栽培をはじめてちょうど2週…

フラットコード 使うべきか使わざるべきか

水耕栽培システム・ハッピー2.0号は、10Lの培養液を入れることができるが、乾電池式エアーポンプ708Bのパワーでは十分なエアレーションが出来なくなる可能性がある。 今後夏に向けて根が成長すると酸素消費量が増加するだろう。また、気温が上がれば水に溶け…

ハッピー2.0号の制作過程

乾電池式エアーポンプを用いたベランダ水耕栽培システム「ハッピー2.0号」の制作過程を記録しておく。 2.0号のフタ 2.0号は、12Lのシール容器(KEEPER 268*362*176mm)を用いて作成。ホールソー(径50mm)をドリルにつないで蓋に穴を開けた。1.0号では、カッ…

ハッピー2.0号へのバージョン・アップ

ベランダ水耕栽培システム・ハッピー1.0号で、クサイチゴ・モミジイチゴ・バジル・青ジソ・ミニトマトを栽培中であるが、欲張ってたくさんの植物を植えたために、すぐに培養液が足りなくなってしまう。1.0号は、3Lの食品用シール容器(100円グッズ)で出来…

ジョジョの奇妙な水耕栽培

ナワシロイチゴをリビングルームで水耕栽培しているが、枝を切らずに放置していたため、伸び放題になってしまった。伸びた枝の長さを測ると長いもので2mに達している。もうナナフシ食草としては使っていないのだが、長い間育てていると愛着が湧いてきて、栽…

ベランダのクサイチゴ

クサイチゴはナナフシの良い食草なので、ベランダで栽培中だ。栽培法として、水耕栽培とプランター栽培の2つを用いている。水耕栽培は、自作のシステム「ハッピー1.0号」で行っているのだが、今日発育を確かめてみたところ、ポットの底部から根が出ていた。…

エアーポンプの寿命を勘違いしていた・・・

ベランダ水耕栽培システムの試作品が完成したことを書いた。hapyson(ハピソン)社の乾電池式エアーポンプ708Bを用いてエアレーションをしているのだが、このエアーポンプの寿命について思い違いをしていることに気付いた。 hapyson 708B (手前) エアーポン…

室内用水耕栽培ユニットの作成と失敗

ベランダ用の水耕栽培システムを作成したが、ついでに室内栽培用のシステムも作った。エアーポンプとして水作の水心SSPP-3Sを使用。とても静かに作動するエアーポンプに敬意を表して、すいしん1.0号と命名した。 水心SSPP-3S ナナフシ食草(ミニバラとクサイ…

ベランダ水耕栽培の試作品1号が完成

ベランダ水耕栽培システムの試作品が完成。ベランダの電源問題を解決するために、hapyson(ハピソン)社の乾電池式エアーポンプを使用している。ハピソン社に敬意を表して、ハッピー1.0号と命名した。 コスト削減のため、エアーポンプ・エアーストン・通気チ…

電池式エアーポンプを用いたベランダ水耕栽培

先日書いたように、ワタシの住んでいるアパートのベランダには電源がない。このような状況で、ベランダでエアポンプを用いた水耕栽培を行うにはどうしたらよいか。まず考えられるのは、電池あるいは充電可能なバッテリーを用いて、エアポンプを作動させる方…

ナナフシ愛好家のための水耕栽培入門(3):pH(ペーハー)

先日、ラズベリーの苗を購入し鉢植えにしたのだが、ラズベリーが水耕栽培可能かどうか興味が湧いたので調べてみた。まずは、googleで「raspberry・hydroponics」で検索。ラズベリーの水耕栽培の情報はweb上にあまり多くない。しかし、水耕栽培を行うことは可…

ナナフシ愛好家のための水耕栽培入門(2):酸素

ハイドロポニックス(水耕栽培)の勉強を始めてまず驚いたのは、「根っこだって呼吸をしている」ということだ。植物の根は成長のためにたくさんの酸素を必要としていて、酸素が足りないと成長できないばかりか根腐れを起して死んでしまう。 イネのような根が…

Hobby Hydroponicsを読む

注文してあった水耕栽培の入門書が届いた。HOBBY HYDROPONICS (Second Edition, 2013)だ。 ざっと目を通してみると、以前に買った本 (HOW-TO HYDROPONICS 2004)とは大きな違いがあることに気付く。2004年に刊行されたHOW-TO HYDROPONICSでは、水耕栽培のシス…

ナナフシ食草ノオト(2)フユイチゴ

写真は、水耕栽培のフユイチゴ。フユイチゴは常緑の野イチゴである。 トゲナナフシもアマミナナフシもフユイチゴを食べるのだが、あまり積極的には食べない様子だった。これはフユイチゴの葉が肉厚で堅いからだと思う。ミニバラを同時にケージに入れておくと…

ナナフシ食草ノオト(1)ナワシロイチゴ

現在、ナナフシ食草として、ナワシロイチゴを水耕栽培している。ナワシロイチゴは野山に自生するバラ科のノイチゴだ。トゲナナフシ・アマミナナフシの両者ともよく食べてくれるので、食草として有用だ。 このナワシロイチゴ、冬の食草としてリビングルームで…

ナナフシ愛好家のための水耕栽培入門(1):光

植物の成長には、光合成が効率よく行われることが大切だ。光合成によって、植物の成長に必要な有機物が作られる。葉の中の葉緑体が、光のエネルギーを用いて、水と二酸化炭素から有機物と酸素を生成するのだ。光合成は、青(380-480nm)と赤(600-680nm)の波…

ミニバラ咲いた

水耕栽培のミニバラの花が咲いた。蕾がなかなか開かなかったのだが、2週間を経過して黄色い花を見る事ができた。 ちなみに、2週間前はこんな具合。 水耕栽培開始から2ヶ月で開花したことになる。予想よりも大きい花が咲いたので驚いている。花の直径は7cmも…

hydroponicsの入門書

水耕栽培のことを英語でhydroponicsという。アメリカではhydroponicsの人気がとても高く、アマチュアの園芸愛好家レベルでも盛んに行われているそうだ。 hydroponicsの良い入門書はないかと探していたところ、米国amazonでとてもレビュー評価の高い本を見つ…

水耕栽培でエアレーション

以前からやってみたかったエアレーションを用いた水耕栽培を始めてみた。手始めに、挿し木(水挿し)の発根を行うエアレーション装置を自作。エアレーションにより切り口に酸素が供給されるため、発根が早くなるはずである。制作時間わずか30分の簡単システ…

食草栽培水槽の照度を測る

室内水耕栽培の水槽内の照度を測ってみた。 照度計は、アマゾンで安価なものを購入。価格はたったの1390円だ。 測定した値は、そんなに正確ではないかもしれないが、栽培の参考にするには十分だ。なお、水槽内の照度は以下の通り。 ・窓辺の水槽内(1月・昼…

ナナフシ食草の室内水耕栽培

ナナフシのエサとなる植物を、室内で水耕栽培してみた。現在、ミニバラ、ナワシロイチゴ、フユイチゴを栽培中。 写真(左)は、水耕栽培のミニバラ。5枚葉が1つ付いた状態で栽培を開始したところ、次々に新芽が出て、3週間でこれぐらい葉が増えた。少し濃い…