やす松さん、たぶん終齢

飼育中のヤスマツトビナナフシが成長し 終齢幼虫になったようです。 体はほぼ成虫と同じ大きさになりましたが、 まだ長い羽は生えていません。 2匹で飼育開始したうちの1匹を 脱皮不全で失ってしまい 現在はたった1匹だけなので 慎重に飼育を続けます。 …

Kanahebi in a Shelter

手作りの植木鉢シェルター、 せっかく作ったのに全く役に立っていませんでしたが、 今朝はカナヘビさんがシェルター内に入っていました。 でも、入ってくれたのはこの一瞬だけ。 すぐにシェルター上で日向ぼっこです。 その後は、床材のペーパーナプキンの下…

少しだけ飼育ケースの模様替え

掃除のついでに、飼育ケース内の色合いを少しだけ変更しました。 カナヘビさん ニホントカゲ 朝の食事の一瞬以外は、床材の下に隠れています。 ニホンヤモリ

美食系はちゅう類 ニホトカさん、真空調理について語る

こんにちは、食べ物にはちょっとうるさい、ニホントカゲです。 わたしの同居人(ニンゲン)が、最近、 真空調理法に手を出しているようですね。 例えば、先日、近くの山で収穫してきたモミジイチゴ。 少し熟しすぎた果実ですが、食感を損なわずに 滅菌するた…

今年最後のキイチゴ収穫

先週末に小山を散策。 もうキイチゴのシーズンは終了したと思っていましたが モミジイチゴの実を発見。 一見すると葉っぱだけのようなモミジイチゴでも 葉の裏を調べてみると、この通り 色鮮やかなモミジイチゴの実を収穫できました。 かなり熟していて生食…

50代の男性が14歳の中学生男子に夢中になる事案が発生

こんばんは、北陸在住のニホンヤモリです。 ニンゲン(50代男性)と共に暮らすようになってもうすぐ1年。 最近、この同居人の様子がおかしいのです。 ワタシの世話もそこそこに、毎日ネットで中学生の少年の映像を見ては 「ああっ・・・!!」 とか 「す、凄…

壁の上のチョロ

最近、アパートの壁のヤモリの動きが活発です。 5月も終わりになり、気温が上がってきたからでしょうか。 たぶん、3匹は居るのではないかと思います。

たった7粒のキイチゴ収穫

夕方に時間ができたので、近くの小山を30分ばかりランニング。 「キイチゴの実がなっているかなー」と探してみました。 まずモミジイチゴの実を発見。 鮮やかなオレンジ色です。 クサイチゴも赤い実をたくさん付けていました。 収穫してジャムでも作ってみよ…

はてな ブログへ引っ越しました

はてな ダイアリー→はてなブログに引っ越しました。 ・ はてなブログとはてなダイアリーの機能比較

その後の、やす松さん

先日、エサを水挿しのクヌギに替えましたが 食痕があるのでちゃんと食べてくれているようです。

反省至極、安松脱皮不全

現在飼育中のヤスマツトビナナフシは1匹だけなのですが、 もともとは2匹で飼育をスタートさせたのでした。 2匹のうちの1匹をワタシのミスで失ってしまった 痛恨の経過を反省を込めて書きます。 5月5日頃の出来事です。 ヤスマツさんの飼育ケースを覗くと ケ…

ヤスマツトビナナフシのエサ替え

飼育中のヤスマツトビナナフシ幼虫。 クヌギのドングリを発芽させて飼育していましたが、 食べる量が増えてきたので葉がボロボロになってきました。 そろそろ水挿しのクヌギに替えたほうがよさそうです。 以下はワタシが行っているセッティングです。 一匹だ…

ベランダのクサイチゴ収穫

ベランダのクサイチゴが 5月の連休ごろから実を付けています。 4月の上旬は、こんな白い花を咲かせていました。 もともとはナナフシの冬期の食草として植えたものですが、 少しでも果実ができると嬉しいものです。 テントウムシの幼虫が葉の上に止まっていま…

コフキコガネ幼虫の飼育ケースを調べてみた

5月も後半となり、コフキコガネの季節が近づいてきました。 ぷりちーなコフキさん(2016) 2年近く飼育中のコフキ幼虫が、今年は成虫になってくれるかと思って 飼育ケースの中を調べてみることにしました。 現在、飼育ケースは2個あります。 クヌギを植えた…

一応、シェルターです。

植木鉢を半分に切断して カナヘビさん用のシェルターを作ってみました。 苦労して作成したのですが カナヘビさんは植木鉢シェルターより ペーパーナプキンの下が好きなようです。 植木鉢は、ひなたぼっこの場所になりました。

実家の父母に会いにいったら PART2

「おーい、帰ってきたよ〜」と 実家の畑に母を探しにいったら 2.5×2.5m自然農園で カナヘビさんが日向ぼっこをしていました。

実家の父母に会いに行ったら

「親父、帰ってきたよ〜」と 遠くの人影に声をかけたら 別の生き物でした。

トゲナナフシの産卵

この春に成虫になったトゲナナフシが産卵を開始しました。 ヤツデやモミジイチゴの葉をムシャムシャ食べて 次々とタマゴを産み落としています。 右の3個がトゲナナの卵。 左はコショウの粒です。

2017最初の野外ヤモリ観察

5月1日、アパートの軒下で 今年初めての野生ヤモリを観察できました。 今年の連休は最高気温20℃を超える日が続いたので ヤモさんも活動を開始したようです。 どこにいるか分かりにくいかもしれませんが・・・ ここにいます。 拡大してみました。 こちらは我…

はにわ食うトカゲさん

先日、ブラックアウトで購入したハニーワームを ニホントカゲのエサ入れに置いてみました。 しばらくすると、トカゲが床材のペーパーナプキンから這い出てきて ハニーワームにがぶっと噛みつきました。 あっという間に飲み込んだかと思うと たちまちナプキン…

カナヘビさんの、だっぴ事情

冬の間にニホントカゲが脱皮不全を起こしたことを書きました。 かたやカナヘビさんは、冬期に何度も脱皮を繰り返したにも関わらず スムースに完全な脱皮をしていました。 脱皮中 カナヘビさんは水浴漕などが無い比較的乾燥した環境でも 脱皮可能なように思え…

カナヘビの飼育ケースを春仕様に替えました

先日、ニホントカゲの飼育ケースとともに、 カナヘビのケースも春仕様に替えました。 春仕様とはいってもプラケ小→中になっただけです。 カナヘビさん、冬の間にずいぶんと大きくなりました。 普段はペーパーナプキンの下に隠れていますが、 朝のバスキング…

切れてしまったトカゲさんの尻尾

今年の冬に、ニホントカゲに起こったことを、反省を込めて書きます。 Before飼育ケースの掃除をしていたときに 不注意からケースを落下させてしまいました。 その際に、陶器製の水入れの下敷きとなって トカゲの尻尾が切れてしまったのです。 切れた尻尾はし…

水浴びするニホントカゲ

飼育中のニホントカゲです。 春になったので、飼育ケースをプラケ小→中に替えることにしました。 同時にウォーターディッシュも大きいものに変更。 ウォーターディッシュは、これまでエキゾテラのXS(写真上)を使っていました。 今回新たに導入したのは、二…

ヤスマツトビナナフシの飼育2017を開始

今は亡き、ヤスマツさん(2016) 7月に産卵された卵が3月下旬に孵化しました。 昨年に引き続き育ててみることにします。 なお、卵の保存場所は玄関の下駄箱でした。 昨年9月に植えておいたクヌギのドングリが芽吹いているので これを飼育ケースに入れてエサ…

ブラックアウト2017に行ってきました

昆虫・爬虫・珍獣フェア !! BLACK OUT!急に思い立って、ブラックアウト2017(大阪)に行ってきました。 ブラックアウトは爬虫類を中心とした展示即売会イベントです。 生き物のイベントに参加するのは初めてなのでワクワクします。 会場は京セラドームの9階…

遺跡でトカゲに出会ったでござるよ

福井市の一乗谷朝倉氏遺跡にサクラを見にいってきました。 一乗谷遺跡は、戦国時代に越前国を支配した朝倉氏の史跡です。 1573年に織田信長に滅ぼされ400余年、 田畑に埋もれていた建物や庭園跡が近年発掘されています。 建物はなく礎石や庭石が残るだけです…

コオロギマスターへの道

■トカゲさんを飼う者にとって コオロギ飼育は避けて通れない必須手技。 ■ 今年のマイ目標として コオロギ飼育に熟達すること、 すなわちコオロギマスターをめざすことにしました。■ コオロギマスター(イメージ画) 少しずつ飼育のレベルをアップさせてゆき…

2017年4月上旬の飼育環境

ようやく春になりました。 現在の飼育の状況です。■ コフキコガネ幼虫の飼育ケース。 飼育開始から2年。 今年は成虫になってくれるでしょうか。■ トゲナナフシ4代目。 つい先日成虫になりました。 もうすぐ卵を産み始めるはずです。■ たまむし幼虫。 中に桜…

新年 Day3 カマたまに異変がっ!!

お正月に摂り過ぎたカロリーを消費するため 朝6時からジムでランニングをしてきました。 帰宅すると妻が騒いでいます。 「あなたの部屋に小さい虫が湧いているわよ!!」 コオロギの飼育ケースがひっくり返ったかな? と思ったのですが、 壁に何匹もくっつい…

カマたま探しのお正月

今年は元日からお仕事でした。 仕事あけの2日朝、実家に向かう道すがら 林道でカマたまを探してみました。 カマたま、カマキリの卵鞘です。 ワタシの住む福井県では カマたまを齧りながら雑煮を食べるのが一般的です。 ・・・というのは嘘です。 しかし、カ…

追悼、ジョージ・マイケル

大ショック!! ジョージ・マイケルが亡くなっていたとは!! うかつにも今日まで知りませんでした。 しかも、クリスマスの日に天に召されるなんて・・・。 FAITHアーティスト: ジョージ・マイケル出版社/メーカー: SMJ発売日: 2013/07/24メディア: CDこの商…

二代目のモドキでございます

ナナフシモドキの幼虫も11月に孵化しています。■ 食草が乏しい時期だったので慌てましたが 秋に採集したドングリが芽吹いていたので その若葉を使ってなんとか対処しました。■ 現在では体長(頭尾)5cmになりました。■ ナナフシモドキは触角が短いのが特徴で…

四代目 トゲゾーを紹介いたします

11月にトゲナナフシが孵化したときの状況です。 野外採取の初代から数えて四代目になります。■ エサは冬の定番、シダの葉っぱです。 現在では2cm程度の大きさになりました。

グラブパイに襲いかかるヤモさん Gecko attacks Grub Pie.

眼にも止まらぬ早業です。■ ■ ■ 早っ。 ■ ■ 鬼速PDCA: 世の中は鬼速が求められる時代に。 ■

カナヘビさん、グラブパイを召し上がる 【動画編】

レパシー スーパーフード GRUB PIE(グラブパイ)6oz(170g)出版社/メーカー: レパシーメディア: その他この商品を含むブログを見る

カナヘビさん、グラブパイを召し上がる 

がぶっ。

Happy Dappy Geckooooo

最近、ニホンヤモリさんがコオロギを食べてくれないので 体調を壊したのかと心配していましたが・・・ 脱皮の前だったようですね。 脱皮の後は、ちゃんと 食事をとってくれました。

身近な「とかげ」飼育 冬の保温法

現在の方法です。

バスキングするカナヘビさん

カミハタ ネオハロゲン 50W: これを使っています。 カミハタ クリップスタンドテラ

オンブーJr 誕生

産卵から約2ヶ月で孵化しました。 予想よりかなり早くて驚きました。 置き場所は、書棚の片隅で、加温はしていません。 草の香りがします。

もっとカラフルにトカゲを飼ってみよう!!

鮮やかな色彩でのトカゲ飼育。 それが、最近のマイ・テーマです。 床材として、以前はキッチンペーパーを使っていましたが あまりにも味気なく殺風景だったのです。 日本産のトカゲ自体が、地味な色調ですからね。 現在は、いろんな色のペーパーナプキンを使…

プラケのなかの小さな恐竜

先月より飼育中。 日光浴中は目を閉じて気持ちよさげです。

驚異の短さ、ダナイブロスのべ竿。今日は本当にビビりました。

昨日、アマゾン経由で注文した商品が 小さな箱で届きました。 軽く箱を振ってみるとコトコトと音がします。 中身は、アレに違いありません。 ジャーン、 ダナイブロスのコンパクト釣竿です。 商品名、インジェクター のべ竿。 以前から欲しかったのですが、…

アマゾンさん、いくらなんでも長すぎやしませんか?

仕事から帰ってくると、 「アマゾンから荷物が届いているわよ〜」 と妻から言われました。 部屋にはこんな長い荷物が・・・ 長さは170cmくらいあります。 厚みはなくてペラペラ。 。 これほど、長くて薄っぺらい商品は頼んだ覚えがないのですが 一体、何な…

おそるべき多頭飼育崩壊

先日、NHKクローズアップ現代で 「多頭飼育崩壊」についての特集が組まれていました。 「多頭飼育崩壊」・・・初めて聞く言葉ですが、 過剰に繁殖したペットによってヒトの生活が破たんすることだそうです。 △ FreeStockPhotos.biz 番組で紹介されていた…

ランニング・フィッシング・デッド・フール

良く晴れた休日。 外を走りたくて、ウズウズしてきました。 でも、魚釣りもしたいしなぁ・・・ どちらにしようかな・・・ 悩んだ末、両方いっぺんにすることにしました。 ランニング+フィッシング。 こんないでたちで走り始めます。 すれ違う人たちの視線が…

釣り関連メモ

福井お城めぐりランニング 其の弐

其の壱のつづき 丸岡城までの道案内をしてくれるのは 丸岡観光キャラクターの「城丸くん」。 キモかわ比 9:1くらいの微妙なキャラですが、 ワタシは嫌いではありません。 最終目的地は丸岡城です。 しかし、このランニングには隠れた目的がありました。 …

福井お城めぐりランニング(福井城址>>>丸岡城) 其の壱

こんにちは、Kimi@福井です。 そして、こちらが明治維新を支えた 偉大なる福井藩士、Kimi-Masa(由利公正)先生です。 先日、福井駅前から丸岡城に向けてランニングをしてみました。 出発点は幸橋のほとりの由利公正先生の銅像前です。 一緒に走ってくれる…