シロコブゾウム氏、2枚重ねの葉にダマされる。

最近は、シロコブゾウムシさんの食草について頭を悩ませています。「クズの葉がなくなったら何を食べてもらったらいいのだろう?」

f:id:avdk101:20211012213327j:plain

 

先日、ヒントになりそうな面白い発見がありました。飼育ケースの中をみるといつものようにゾウムシさんがクズの葉をせっせと齧っていました。ところが、よく目を凝らしてみると、2枚の葉をいっしょに齧っているではないですか。

f:id:avdk101:20211012213348j:plain

 

確認してみると、クズの葉に重なっていたシカクマメの葉を同時に食べていたようです。飼育ケースに入れてから2週間、一度も食べてくれなかったシカクマメの葉を食べたのは驚きでした。エサの幅を広げる手がかりになってくれそうな出来事でした。

f:id:avdk101:20211012213403j:plain

 

シカクマメの葉は日持ちがとても良いのです。食べてくれると助かるんだけどなあ。

f:id:avdk101:20210929211009j:plain

 

クズもクローバもマメ科植物

シロコブゾウムシはクズを食草にしています。以前に、同じマメ科植物であるクローバの葉を入れてみましたが、食べてくれませんでした。

f:id:avdk101:20210918150817j:plain

 

ところが、今日、なにげなく飼育ケースを覗いてみると、3匹のシロコブゾウムシさんがクローバの葉につかまって食べていました。理由はわかりませんが、寒さに強いクローバの葉を食べてくれるととても助かります。

f:id:avdk101:20211011205703j:plain

 

冬の間に生育するエンドウ豆の種も準備していたので、こちらもそろそろベランダに蒔いてみようかと思っています。

f:id:avdk101:20211011204032j:plain

 

オケラハウスで高タンパクなお食事

飼育中のオケラさんのためにつくった飼育ケース(オケラハウス)。

f:id:avdk101:20211003224349j:plain

f:id:avdk101:20211010211935j:plain

 

天蓋を開けると、こんなふうにリビングルーム(ミズゴケ)とダイニングルーム(サツマイモ入り)になっています。

f:id:avdk101:20211010212203j:plain


リビングルームを横から見ると、掘った横道の中でオケラさんがくつろいでいます。分かりにくいですが、矢印がオケラさん。

f:id:avdk101:20211010212150j:plain

 

さて、今朝ダイニングルームにアオドウガネ幼虫を入れてみたところ・・・夕方には幼虫が消えていました。ケラ飼育では、タンパク質が豊富な餌を腐敗させずにどうやって補うかという問題があります。湿度が高い飼育ケースの中では、煮干しなどはすぐにダメになってしまいますからね。この方法が解決法となるとよいのですが。

f:id:avdk101:20211010212224j:plain

 

クビキリギスが何も食べてくれないのだが・・

クビキリギスの飼育ケースにリンゴを入れて1日経ちましたが、まったく食べた形跡がありません。

f:id:avdk101:20211009155905j:plain

 

同時にリンゴを入れたオジロアシナガゾウムシさんは、リンゴに夢中になっているのに・・

f:id:avdk101:20211009155918j:plain

 

リンゴが駄目ならキュウリはどうでしょうか。試してみます。

f:id:avdk101:20211009155928j:plain

 

クビキリギスのエサを変えてみる

飼育を開始したクビキリギスです。食草として、道ばたのエノコログサとヒメシバを採ってきて入れた

のですが、食べた形跡がありません。何か工夫が必要のようです。

f:id:avdk101:20211008221409j:plain

 

まずは、万能エサのリンゴ(の皮)を入れてみました。ついでに煮干しも入れておきましょう。

f:id:avdk101:20211008221433j:plain

 

イネ科植物の種子として、ライムギの種(乾燥と発芽)も置いておきました。

f:id:avdk101:20211008221510j:plain

 

さて、どうなるか明日の朝確認してみます。

f:id:avdk101:20211008221452j:plain

 

げんかんむし004号室 クビキリギス 

我が家の玄関先を訪れていたクビキリギスさん。意を決して、飼育してみることにしました。

f:id:avdk101:20211006205614j:plain

 

とりあえず道端に生えているイネ科の雑草を取ってきて飼育ケースを作ることに。

f:id:avdk101:20211006205629j:plain

 

緑色のクビキリギスさんは、壁面に止まっていると分かりやすいですが

f:id:avdk101:20211006205646j:plain

 

草の葉の中に紛れ込むと、とても見つけづらいですね。

f:id:avdk101:20211006205716j:plain

 

しばらく飼育してから、冬眠をしてもらおうと思っています。顔も面白いですが、単為生殖をする興味深い昆虫のようです。

f:id:avdk101:20211006205725j:plain

 

げんかんむし プロジェクト004 クビキリギス

今朝、出勤時にアパートの玄関を出ようするとき、手摺りにつかまっている緑の虫をみつけました。

f:id:avdk101:20211005221453j:plain

クビキリギスです!特徴的な尖った頭部に、赤い大顎。時間が無いしどうしたものかと思ったんですが、ひとまず拙宅にお迎えすることにしました。

f:id:avdk101:20211005221505j:plain

飼育するとすれば、げんかんむし004となります。

ちなみに

001 コフキコガネ

002 アオドウガネ

003 ケラ

です。